ホーム
サイトマップ
リンク
HOME > 石鹸を作ってみよう > 手作り石鹸

手作り石鹸

手作り石鹸のメリットは、添加物が入っていないので、肌にとても良い石鹸を作ることができる、硬さや泡立ち、保湿感や香りなどを自分の好みで作れる、市販のものよりも安く作ることができる、などがあります。もちろんデメリットもあります。添加物が入っていないため、油脂の酸化や変色することがある、どうしても溶けやすい石鹸になる、手間がかかる、などが挙げられます。

必要な材料

石鹸を手作りする上で、絶対欠かせないのが原料となる油脂と苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)です。水も使いますが、できれば失敗の少ない精製水がいいでしょう。油脂はスーパーや輸入食品を扱っている店、インターネットでも通販で様々なものが手に入ります。油脂は、はじめて石鹸を作るのであれば、オリーブオイル、椿油、アーモンドオイル、紅花油、キャノーラ油などがお勧めです。慣れてきたら、ココナッツオイルやパーム油などがいいでしょう。硬さを出すために使うのは。シアバターやココアバター、ホホバオイル、ローズヒップオイルを少量入れてもいいでしょう。苛性ソーダは薬局で購入できますが、劇薬扱いになりますので、購入の際には印鑑が必要になります。

慣れてきたら使ってみよう

最初から凝った石鹸は作れませんので、慣れてきたら自分このみの石鹸にチャレンジしてみましょう。香りをつける場合、天然の精油を使いましょう。ラベンダーやミント、グレープフルーツやカモミールなどのエッセンシャルオイルを使ってみましょう。肌をしっとりと仕上げたいのであれば、米ぬかや黒砂糖、蜂蜜などを入れるといいでしょう。ただし、砂糖は石鹸を軟らかく仕上げますので、入れる量に注意が必要です。スクラブ代わりにオートミールを入れたり、様々なハーブを入れてもいいでしょう。クレイを入れるとさっぱりとした洗いあがりの石鹸を作ることができます。

必要な道具

絶対に必要な道具として、1g単位で量ることができるデジタルスケール、ガラスかステンレスのボール、ステンレス製の泡立て器、耐熱耐アルカリ容器(ガラス瓶など)、ステンレス製のスプーン、石鹸型などです。石鹸型は、1リットルの牛乳パックでも十分です。はじめて作るのであれば、100度まで測れる温度計もあった方がいいです。分量を正確に測るために軽量カップも必要です。できればステンレス製のものを用意しましょう。苛性ソーダは目に入ると失明してしまいますので、防護メガネとして、水泳のゴーグルなども用意しましょう。作るときは肌を露出させないよう、ゴム手袋やエプロン、ダメになってもいい洋服などを用意します。保温をするために、発泡スチーロールの箱があると便利です。

作り方の手順

作る前に下準備が必要です。必要な道具を揃え、材料はあらかじめ測っておきます。苛性ソーダに分量の水で溶かしておき、油脂は40度で湯煎しておきます。温度が高すぎると油脂がポロポロになってしまいますので注意が必要です。苛性ソーダと水をあわせると、化学反応を起こして熱を発することがありますので、作業は流し台の中で行い、揮発したものを吸い込まないようにマスクをしましょう。苛性ソーダは肌につくとヤケド状態になりますので注意しましょう。

基本的な作り方

  1. 苛性ソーダ水と油脂、それぞれ40度に湯煎しておく。
  2. 油脂の中へ少しずつ苛性ソーダ水を加え、20分泡立て器で混ぜ合わせる。
  3. 泡立て器を持ち上げて、表面に絵が描ける硬さ(トレース)になったら、好みで天然香料や蜂蜜、米ぬかなどを入れる。
  4. トレースが仕上がったら、牛乳パックや筒型のポテトチップスの型に流しいれる。
  5. 発泡スチーロールの箱に入れて24時間保温します。
  6. 保温箱から出したら1〜3日置いて、型から出します。
  7. 型から出したら乾燥させ、包丁で使いやすい大きさに切り分けます。
  8. 切り分けた石鹸を4〜6週間乾燥させてできあがりです。

※乾燥が十分でなければ、肌に刺激のある石鹸になってしまう場合がありますので、しっかりと乾燥させましょう。

オリーブ石鹸のレシピ

  1. 苛性ソーダ54gを瓶に入れ、精製水180ccをよく混ぜ合わせます。オリーブオイル500ccは湯煎して40度にしておきます。
  2. オリーブオイルの中に、少しずつ苛性ソーダ水を加えながら、20分混ぜます。
  3. トレースが終わったら牛乳パックなどの型に流しいれます。
  4. 24時間、発泡スチーロールの中で保温します。
  5. その後室内で10日ほど置き、包丁で切り分けて、1〜2ヶ月乾燥させてできあがりです。

マルセイユ石鹸のレシピ

  1. ココナッツオイル120cc、オリーブオイル500cc、パーム油70ccを合わせ、苛性ソーダ83g、精製水250ccも合わせ、それぞれ40度にしておきます。
  2. 混ぜ合わせた油脂に、少しずつ苛性ソーダ水を加えながら20分混ぜ、その後は様子を見ながら時々混ぜていき、トレースします。かなり時間がかかります。(8時間くらいでしょうか)
  3. トレースが終わったら型に入れます。レシピの量が多いので、牛乳パックを2つ、つなげた物を作っておきましょう。もちろん型を2つ用意してもかまいません。
  4. 発泡スチーロールの中で2日おきます。
  5. 発泡スチーロールから出して10日ほど置き、包丁で切り分けて1ヶ月乾燥させて出来上がりです。