ホーム
サイトマップ
リンク
HOME > 石鹸を作ってみよう > 市販と手作り石鹸の違い

市販と手作り石鹸の違い

市販の石鹸と、自分で手作りする石鹸に違いはあるのでしょうか。第一に挙げられるのがその使用感です。はじめて手作り石鹸を使った人は、しっとり感やスベスベ感、保湿力に驚かれるでしょう。どうして市販の石鹸と手作り石鹸とでは、使用感が全く違うのでしょうか。

石鹸の原料

まず一つは原料の違いにあります。市販されている化粧石鹸の原料は、主に牛脂やココナッツオイルが使われています。これは牛脂を安く輸入することができるためで、ココナッツオイルは泡立ちをよくするために入れられています。牛脂だけでは泡立ちが悪いためです。手作り石鹸はというと、オリーブオイル、ココナッツオイル、パーム油、アボガド油、アーモンドオイルなどの食用オイルの他、シアバターやホホバオイル、椿などの油脂で、化粧品に使われるようなものもあります。石鹸の仕上がりは、使われている油脂の品質が大いに関係すると言われていますので、市販されている石鹸とは違い、手作り石鹸は贅沢な油脂を使うので、使用感がよく、肌にも優しい石鹸になります。

石鹸の作り方

市販の石鹸の製造方法は、【石鹸の製造方法と種類】で紹介したように、油脂鹸化法と、脂肪酸中和法という2通りの作り方があります。中和法は油脂をあらかじめ、脂肪酸とグリセリンに分けておき、脂肪酸をアルカリと反応させることで作る方法で、この作り方だと大体4時間ほどで大量生産できるため、市販されているほとんどの石鹸は、この方法で作られています。鹸化法は、手間隙がかかる作り方で、石鹸ができあがるまで4〜5日かかってしまいます。市販のもので無添加を謳っているもの以外は、この方法はほとんど行なわれていません。手作り石鹸の作り方ですが、(詳しい手順などは【石鹸を作ってみよう】で紹介します)ちょっと手間がかかってしまいます。油脂を傷めないように40度前後の温度で鹸化を行ないます。鹸化してから石鹸が出来上がるまで、約1ヶ月かかります。この作り方は、原料の油脂の特徴を最大限に生かせる石鹸を作ることができます。塩析を行なわないことで、油脂に含まれるグリセリンがそのまま石鹸の中にたっぷりと入っています。油脂に含まれる、肌に良いといわれている、スクワラン、ステロール、ビタミンA、ビタミンB、ビタミンEも、そのまま石鹸の中に閉じ込められます。

石鹸の添加物

市販されている石鹸は、製造されていから私たち消費者の手に渡るまでにかなりの時間がかかります。そのため、市販されている石鹸には香料、着色料の他に、酸化防止剤や金属封鎖剤の入っているものが多いのです。消費者が購入するまで、酸化して悪臭がしないようにするためには仕方のないことです。色と香りをつけただけの石鹸もありますが、敏感肌の人の中には、着色料と香料が入っているだけでダメな人もいますので、できれば完全無添加のものを使いたいですね。手作り石鹸の場合は、完全無添加で作ることができます。酸化しにくい油脂を使うことで、変質しにくい石鹸を作ることもできます。酸化防止剤を入れていないので、古くなる前に全部使い切ってしまわなければいけませんが、自分の肌に合った原料で作ることができるメリットがあります。

使用感がしっとりするわけ

手作り石鹸で洗顔したあと、肌がつっぱらずにしっとりとした洗いあがりを実感できると思います。市販の石鹸でも、高級油脂成分などを配合して、洗ったあとの肌に潤滑膜を残るようにしたものもあります。(よくCMで流れているのでピンときた人もいるでしょう)そのような価格の高い石鹸を購入するよりも、手作り石鹸の方がお得ですね。手作り石鹸だとわざわざ高級な原料を使わなくても、原料となる油脂の5〜15%が石鹸の中に閉じ込められています。洗顔したあと、この油脂が肌に残り、市販の高級石鹸と同様のしっとりかんを得られるのです。純石鹸に比べると手作り石鹸の洗浄力はやや劣るものの、余分に皮脂を取りすぎませんし、添加物が入っていないので、肌に優しく使い心地の良い石鹸になるのです。