ホーム
サイトマップ
リンク
HOME > こんな使い方も! > 石鹸を上手に使おう

石鹸を上手に使おう

せっかくここまで石鹸の良さを見てきたのですから、上手に使っていきたいですね。お気に入りの石鹸に出会えたのに、すぐにドロドロに溶かしてしまったり、上手に泡を立てられずに使用感を実感できないのはもったいないことです。お気に入りの石鹸を最高の使用感で使っていくために、石鹸の扱いを覚える必要があります。

ソープディッシュ

石鹸を乗せておくものは、どんなものを使っていますか? フタのついた箱型のものでしょうか。箱型を使っている人の中で、フタをひっくり返して受け皿にしている場合がありますね。その中に、石鹸が溶け出した石鹸水がたまっていませんか? この石鹸水は、様々な菌を増やす元になってしまうものです。石鹸の成分でもある脂肪酸を細菌が取り込んで栄養源とします。更に、石鹸を使用したときの皮膚や垢の成分でもあり、皮脂やたんぱく質も石鹸箱にたまった石鹸水にはたっぷりと含まれています。石鹸水がたまりすぎて、使ったあとの石鹸を置くと、石鹸水に浸かってしまってはいませんか? そのまま常温で保管しておくと、下にたまった石鹸水は細菌でいっぱいになります。皮膚には表皮ブドウ球菌の一種が常駐菌としてあるのですが、この細菌だらけの石鹸を使うことで、ブドウ糖非発酵菌を塗りつけることになってしまいます。この菌は皮膚ダニの餌にもなりますので、顔ダニが繁殖すると、痒みや肌荒れの原因になってしまいます。

どんなソープディッシュがいい?

ここまで読み進めて、もうお分かりですね。受け皿のない石鹸置きを使うようにしましょう。銭湯に行かなければ行けない人もいるでしょうが、そういった人は、石鹸箱でなければ持ち運びに不便ですね。銭湯から帰宅したら、石鹸箱から石鹸を出し、よく水をきるようにしましょう。普段使うのにはどんなソープディッシュがいいのでしょうか。プラスチックのものはカビが発生しやすいですので、あまりおすすめできません。こまめにソープディッシュも掃除するというのであれば、プラスチックでもいいでしょう。できれば、ステンレスや某カビ効果のある素材で作られている、受け皿のないタイプを使いましょう。最近の主流は、吸盤で浴室の壁にくっつけるタイプが人気のようです。これでしたら受け皿がなくても、網になっている部分だけでも水分を下に落とすことができます。注意しなければいけないのは、シャワーなどが当たらない場所に取り付けることです。せっかくの石鹸が、常にシャワーのお湯を帯びている場所に置くと、あっという間にドロドロに溶けてしまいます。固形石鹸を使わなければこういった煩わしさのないのでしょうが、自分の肌に合った石鹸となると、やはり固形石鹸の方が探しやすいでしょう。

石鹸のしまい方

石鹸の添加物が多ければ多いほど栄養豊富になりますので、細菌が繁殖しやすくなってしまいます。ただし、石鹸から細菌が繁殖しやすい条件というものもあります。まず、細菌にとっての栄養素があること、水分(湿度)、温度です。高温多湿の場所にある石鹸は、好条件だというわけです。ですから、使用したあとの固形石鹸は、キッチンペーパーなどでしっかりと水分を拭きとっておきましょう。できればその後、冷蔵庫で保管すると湿度対策はバッチリですが、そこまで実行する人はきっといないでしょうね。袋に入れて、一緒にお菓子などに入っている乾燥剤を入れてもいいでしょう。石鹸を清潔な状態で使いたいですね。

泡立てネット

せっかくお気に入りの石鹸を使っているのであれば、しっかりと石鹸を泡立てて使いましょう。洗顔の基礎は、指でゴシゴシ洗うのではなく、泡のクッションをなでつけるように洗います。顔を手の間に泡のクッションを置くことで、直接肌に触れずに優しく洗い挙げることが基本となる洗顔法です。そこまで泡立てるには、手だけではとても難しいのです。いまや固形石鹸を使用するときの必需品として、泡立てネットがあります。使っていますか? 泡立てネットを使うと、モコモコフワフワの泡を作り出すことができます。しっかりと濡らしたネットに石鹸を塗りつけ、クルクルと回すように泡立てます。コシのある泡が出来上がったら、ネットをしごいて泡だけを手に取ります。その泡で優しく洗顔しましょう。使う石鹸によっても、泡のきめが全く違うのが比べられますので、驚きますよ!